文字を書くのが下手になりました

先日、病院に行き問診票を記入しなければならなくなりました。
ペンで手書きで記入していったのですが、自分の文字がとても下手になっていて自分でも情けなくなってしまいました。

もともとそんなに上手に文字を書けてはいませんでしたが、問診票に書き込んだ文字はミミズが這いずり回っているような感じで提出するのが恥ずかしくなってしまいました。

これもすべてキーボードのせいに間違いありません。
キーボードで文字を打つようになり、実際にペンを持ち文章を手書きすることがまったくと言っていいほど無くなってしまったからです。

ちょっとしたハガキを出すときも文章はパソコンの文章作成ソフトを使って書いています。
宛先も名前もパソコンで作成してプリントアウトしているので手書きはしません。
ペンで手書きするのはちょっとメモをとるときくらいです。
学生のころのように長い文章をペンで手書きすることはまったくなくなってしまいました。

いま書いているこのブログもキーボードを使っているから書けているのであって、ペンで手書きするとなったら手が疲れてしまい書き終わるまで倍の時間がかかるはずです。
パソコンで気軽に文章が書けるようになり良いのか悪いのか判りませんが、味わいのある手書きの文章が減ってしまったのは間違いのないことだと思います。